お問い合わせ

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*

問い合わせ先

経済開発区、

電話:+ 8657486303380

モバイル:+ 8613586889073

ウェブ: http://www.finotek.com

ブログ - フローコントロールバルブを設置するメリット

あなたはここにいる: ホーム » ブログ » フローコントロールバルブを設置するメリット

フローコントロールバルブを設置するメリット

流量制御弁 油圧を含むシステムの様々な使用されています。 基本的な流量制御弁の目的は、可変開口部を開いたり閉じて流量を増加または減少させることです。 油圧回路においては、流量制御弁は、また、アクチュエータの機能に影響を与えます。 つまり、流量制御弁は、速度を調節するために使用されます。 速度は、流速を介して調節されます。

流量制御弁 小型で作動油の流量を制御するために使用されます。 これらの弁は、サイズ、機能や形状が異なり、あなたは、あなたが実行するために油圧アクチュエータを必要とする特定の機能のための正しいものを選択するようにしてくださいする必要があります。 ほとんどの流量制御弁は、また、ステムを低下させることにより、完全に液体の流れを制限または遮断するオプションを与えます。 これらの弁は、それらの細かいスレッドステムと大きな座席エリアに、正確な抵抗が流れることを可能にします。 流量制御弁は、流体の急激な高圧サージによる損傷の可能性があるので、繊細なゲージ内の流体の流れを制御するのに役立ちます。

フローコントロールバルブの種類

洗練された閉ループ電磁弁への単純なオリフィスからの流量制御弁の8種類があります。 より洗練されているバルブが自動的に圧力と温度に調整します。 流量制御弁の種類が挙げられます。

  • オリフィス
  • フローレギュレータ
  • バイパス流量調節器
  • 需要補償フロー制御
  • 圧力補償、可変流量バルブ
  • 圧力と温度補償
  • プライオリティバルブ
  • 減速バルブ

フローコントロールバルブのメリット

流量制御弁は、油圧システムにおける制御懸念を流れるように安価なソリューションを提供します。 流量ので、より洗練された流量制御弁は、流量を維持したままであることを確認し、さらに静的な弁位置に変更することができます。 流量の変化の1つの理由は、圧力および温度因子です。 温度の変化は、流体の粘度を変化させるため、流量を変更することができます。

流量制御弁は、一定の較正流量を維持するのに役立ちます。 それは小さなオリフィスを有し、その力の優位性が高いため、これらの弁はまた、唯一の指タイトな圧力で遮断するのは簡単です。 これらの弁は、流体の流れを維持するのに役立つ正確な調整を可能にします。 あなたも停止に流れをもたらすことができる流量制御弁を使用。 覚えておくべきことの一つは、ニードル制御バルブは、単純なシャットオフの用途に使用されていないことです。 それがために迅速に遮断しやすく、流れを制限するために、完全に開いたり閉じたり、多くのターンへの要件ではないのです。

そこ流量測定の異なる方法があり、それはバルブのための単位時間当たりの体積を測定伴いません。 流量制御弁の右の種類を選択するか、最大効率にそれを使用することは、あなたが流れを測定または指定されている方法を知っているしなければならないことが重要です。 流量を測定する方法は、次のとおりです。

  • 体積流量:それは、モータ軸またはCC /秒またはCC /分で表さピストンロッドの線形速度の回転速度を算出します
  • 重量流量:それはポンド/秒で表した電力を計算します
  • 質量流量:それは加速または減速時の慣性力を計算し、スラグ/秒またはスラグ/分で表さ

お使いの油圧システムのための流量制御弁の右のタイプを選択すると、温度と圧力の懸念に対処されることを保証することができます。 流量制御弁は、真鍮、炭素鋼、亜鉛、ステンレス鋼や合成に使用できますが、あなたの油圧システムの仕様を満たすものを選択することを確認する必要があります。

 覚えておいてください観光

これらの制御弁は、多くの形状、サイズおよび設計で利用できるが、通常は、流体の流量を制御するために使用されます。 あなたがニーズや要件に応じてコンポーネントを選択する必要がありますあなたの油圧システムの効率を維持することが重要です。 Finotekによって生成さ流量制御弁は、低中高圧力制御に使用されるが、バルブの異なるサイズは、マニホールドブロックまたはパイプラインに流量制御弁を設置する前に、選択されるべきです。

あなたは、有用な記事を見つけましたか? あなたは、高品質の流量制御弁をお探しですか?

2017-03-05T01:40:20 + 00:00