方向制御弁

//DG03、DG05ソレノイド作動式、油圧式ディレクショナルバルブ

DG03、DG05ソレノイド作動式、油圧式ディレクショナルバルブ

油圧方向制御弁

製品の種類: DG03、DG05油圧ディレクショナルバルブ
バルブサイズ:6mm / 10mm、CETOP3 / CETOP5
制御方法: スプールタイプ
応用油圧マシン
接続タイプ:サブプレート接続
制御方法:油圧
PART NOS:FT-WDGシリーズ
おおよその重量:Size6 = 1.95Kgs / 4.29Lbs。 Size10 = 5.90Kgs / 12.98Lbs
関連部品:
サブプレート: G341; G342; G502 NG06; ボトムサブプレート; G66; G292; G534 NG10ボトムサブプレート
ソレノイド(コイル): NG06バルブソレノイドコイル; NG10バルブソレノイドコイル
特徴:
- 上部の広場中央線接続
- ヘビーデューティーとウェットピンソレノイド
- 高流量と静かな動作

WDG-DV4V方向弁。 PDF

DG03、DG05油圧式方向性バルブの中央ボックスワイヤー接続は、低作動音と高作動圧力用に特別に設計されています。 滑らかな流れのカーブを導き、特定の水圧の影響を軽減するスプールにはいくつかの溝があります。 電気信号によって制御される励磁されたソレノイドは、前進スプールを使用するピストンを押すことであり、シリンダのようなアクチュエータは、スプール流のように動作する。

Finotek DG03、DG05油圧ディレクショナルバルブは、高品質のソレノイドを使用しており、ヘビーデューティ作業とウェットピン作業用です。 ソレノイドワイヤー接続には、個別ワイヤーとセントラルワイヤーの2種類があります。 中央接続は、電動のために絶縁されたコイルを簡単に交換することができ、主に射出成形機で強力な油圧制御として使用されます。

DG03、DG05バルブオーダーコード

例(ノーマルコード):「FT-WDG 6(10)E 6X(3X)/ DC24 T " 以下のように説明:

FT- WDG 10 E 6X / DC24 T
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)

(1)プロデューサーコード= FT
(2)WDG =電力中央接続バルブ
(3)サイズ= 6
サイズ= 10
(4)スプールシンボル= E、F、H、以下のスプールシンボルを参照してください。
(5)無記号=ダブルコイル
A側で=コイル
サイドBのB =コイル
(6)バルブシリーズ:6 = 6X。 10 = 3X

スプリングリターン付(7)無記号=
O =スプリングリターンなし
戻り止め付きスプリングリターンなしF =
(8)DC24 = DC電圧24V
DC12 = DC電圧12V
AC220 = AC電圧220〜230V 50 / 60ヘルツ
AC110 = AC電圧110V 50 / 60ヘルツ
(9)T =中央接続ボックス
(10)いいえコード=ラウンドクロームメッキ鋼コイルません(複数可)
L5 =ラウンド黒ベークライトコイル(複数可)

DG03、DG05バルブの技術情報

主原料:鋳造アイアン
パワー:油圧により、
ブランド:FinotekまたはOEM
マックス。 操作圧力(T):21Mpa
マックス。 運転圧力(P、A、B):31.5Mpa
マックス。 流量:60L /分。 ; 120L /分。
メディア温度:+ 30に-80(°C)のためのNBR Oリング

利用可能なVoltaege:DC:12V、24V。 AC:110V、220V
電圧公差:+ 10%に-15%
スイッチング周波数:DC:15000Times /時間; AC:7200Times / hの
油中:鉱物油DIN51 524、VDMA 24 568またはナタネ油、粘度10あたりとして - 400 CST
推奨ミディアムろ過:ISO 4406標準、清浄度クラス:20 / 18 / 15

DG03、DG05バルブスプール記号

油圧ソレノイドバルブ・機能付き記号

箱の電気的接続

油圧ソレノイドバルブ・-中央boxconneciton

DG03、DG05バルブの取り付け寸法

油圧バルブのインストール寸法-用-size6

DG03、DG05バルブの取り付け寸法

油圧ソレノイドバルブのインストール寸法

2018-06-20T10:46:39+00:00

お問い合わせ

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*

問い合わせ先

経済開発区、

電話:+ 8657486303380

モバイル:+ 8613586889073

ウェブ: http://www.finotek.com