お問い合わせ

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*

問い合わせ先

経済開発区、

電話:+ 8657486303380

モバイル:+ 8613586889073

ウェブ: http://www.finotek.com

ブログ - 直動リリーフバルブタイプ

あなたはここにいる: ホーム » ブログ » 直動リリーフバルブタイプ

直動リリーフバルブタイプ

直動リリーフバルブは、油圧システム内の流体圧力を制御するために設計されています。 ほとんどすべての油圧システムは保護したり、直接演技救済が同様に機械に共通装備されているシステムを制御するための救済vavleを必要とします。 - finotek.com

1。 直動リリーフバルブタイプのスプール:

スプール型直動リリーフ弁は、スプール型、パイプライン(ねじ)接続直動圧力逃がし弁の一種です。 そこに2つのP入口のオイルポートと油圧コネクタと油圧システムに接続された右およびバルブハウジングの左側のT出口、従って、接続バルブをスレッドに属します。 あなたは写真Aから分かるように、内側の排水口は、「e」は、バルブハウジング内にあり、四方を介してスプール側の「F」、チャンネル「グラム」とテーパ穴 "c"を減衰軸。

スプールは、流体圧力がばねプリセット力よりも大きい場合に開くように開始されたバルブスプールの下側領域に発生する油圧力は、ばね力とを比較し、作動油が出口ポートTを介してリザーバに流れます

チャンネル "E"はスプリングバックチャンバ内に保存されたリーク油を排出するために使用されるオリフィス「g」は、バルブの安定性を向上させることができる動的油圧減衰であるが、弁が圧力定常状態では効果はありませんオイルリザーバ(インナードレイン)へ。 Lポートは、石油パイプラインがどこにオイルリザーバに直接接続した場合、Lポートにねじボルトを除去するために、3°程度に一部の180を回転させ、その後、内部ドレインタイプは、外部ドレインに変換されます。


お願いします直動 - リリーフバルブ・-Tpyeシンボル-Pictur 画像をご確認ください B-1:内部ドレン直動式リリーフバルブピクチャーB-2:外部ドレン直動式リリーフバルブ。 スプール型直動リリーフバルブは、プリセット圧力を調節することにより、メインポートの入口圧力を制御します
ばねが、制御圧力である場合、バルブは、システムの圧力を調整することは困難です
高は、したがって、低圧の油圧システムに使用されるのに適しています。

 

- 直動リリーフバルブのスプールタイプ -

直動 - リリーフバルブ・-Tpyes
1。 調整ノブ(ボルト)。 2。 春を調整します。 3。 フロントカバー ; 4。 スプール; 5。 バルブハウジング
  

2。 直動リリーフバルブのポペットタイプ:
ピクチャーC-1は、サブプレート接続と小流量ラットと直動式リリーフバルブの通常のポペット型で、一部「3は「ポペットタイプです。 このバルブは、リモコン弁、安全弁として、または(バルブ、シーケンス減圧弁のリリーフ弁と同様に、)パイロットリリーフ弁に搭載パイロット部分のように使用されます。 異なる必要バネ部」4」を変更することによって変更する弁の圧力調整範囲が可能であることで、オリフィス「2」は、主に、バルブ動作の安定性を改善するために使用されます。
- 直動リリーフバルブのポペットタイプ -

直動リリーフバルブ


1。 バルブハウジング; 2。 バルブシート。 3。 ポペット; 4。 春を調整します。 5。 ねじボルト

直動リリーフ弁のポペットタイプですので、バルブのこの種は、高い油圧システムのために利用可能である、小さいサイズ、調整ばねの柔らかい素材を簡単に圧力調整用に受け入れられています。

3. 直動リリーフバルブの減衰タイプ
直動式リリーフバルブの減衰タイプは、近年の新たな直接作用型レリーフであるリリーフバルブを、直動減衰ピストンです。 直動リリーフ弁のポペット型と比較した場合、減衰型弁は、油圧システムのために特に使用されている安定した圧力で、高圧及び高流量を必要とし、高い水圧と大流量下の流動特性、低ノイズ。

Finotek DBDシリーズ ネジ接続、サブプレート取付とカートリッジタイプの接続、6-30mmオプションからサイズを持つ:直動式リリーフバルブの減衰タイプで、接続の3種類があります。 DBDシリーズ弁は40MPaの最大圧力に達し、300L / minに速度を流すことが可能です。 ご確認ください DBDテクニカルシート それについての詳細情報を参照してください。

写真ではD-1は、ボール型クッションスプールに直接作用型リリーフバルブ(カートリッジスタイル)を示しています。 一部「4」クッションスプールとスチールボール部」2は、「強固な接続ではなく、(圧力力がクッションスプール全体でバランスを維持する場合。)クッションスプール」4は「ばね部」5」でボールに触れ、ボールスプールの動きが原因でクッションスプールの減衰位置に滑らかにすることができかつ安定です。

ボール型クッションスプールの動的流体抵抗は、定常状態の両方の側の圧力に等しいです。 緩衝スプールが移動し、流体抵抗は、ボール型クッションスプール直動リリーフバルブの動作安定性を向上することができるであろう瞬間に発生しながら、弁の密閉チャンバ圧力が相対的に変化します。

- ボールタイプクッションスプール付き直動リリーフバルブ -

減衰型・オブ・直動-安全弁
1。 春を調整します。 2。 ボールヘッド。 3。 バルブシート。 4。 クッションスプール。 5。 ダンピング春

2017-03-05T01:40:45 + 00:00