手動方向制御弁WMM10

製品の種類: 4WMM10マニュアルディレクショナルバルブ
バルブサイズ: 10mm
制御方法: スプールタイプ
お申込み 油圧マシン
接続タイプ: サブプレート接続
制御方法: ハンドレバーを操作します
PART NOS: FT-WMMシリーズ
おおよその重量:3.80Kgs / 8.36Lbs
関連部品:
サブプレート:  G66; G292; G534 NG10ボトムサブプレート
特徴: 
–指向性操作を簡単に処理
–サブプレート取り付け用のCETOPおよびNFPAポーティングパターン
–2スプールまたは3スプール位置が利用可能

4WMM10手動方向弁は、バルブハウス、ハンドル、スプール、4つまたは10つのスプリング、およびプッシュピストンで構成されています。 XNUMXWMMXNUMX手動方向弁のスプールは、弁が機能していないときに中央位置または初期ポーションを維持しています。 バルブハンドルを左または右に駆動すると、ハンドル付きのプッシュピストン接続がアクティブになり、それに応じてスプールが移動するように制御します。 ハンドルが操作されていない場合、スプールは通常の位置に再配置されます。

4WMM10手動方向制御弁は、作動液の流れの方向を制御するためのもので、バルブは手動ハンドルで操作されます。 Finotek手動方向バルブは、圧力損失が低い。 圧力損失は、流体の流れの圧力損失および弁のポーティングのスロットル圧力損失によって引き起こされる。 方向性スプールの重要な部分とバルブハウスの間の同心性を保つことにより、より優れた手動方向切換弁の圧力損失を低く抑える必要があります。

4WMM10バルブオーダーコード

例(ノーマルコード): 「FT-4WMM10E-50 /」
以下のように説明:

FT-4WMM10E50
(1)(2)(3)(4) (5)(6)(7)(8)(9)

(1)プロデューサーコード= FT
(2)サービスポート= 4
  サービスポート= 3
(3)サイズ= 10
(4)スプールシンボル= E、F、G、下記のスプールシンボルを参照してください。
(5)バルブシリーズ
戻り止めなし(6)スプリングリターン付無記号=、
  F =戻り止めあり、スプリングリターンなし

スロットルインサートなし(7)無記号=
  B08 =スロットルØ0.8mm[0.031インチ]
  B10 =スロットルØ1.0mm[0.039インチ]
  B12 =スロットルØ1.2mm[0.047インチ]
(8)無記号=石油のためのNBRシール
  V =リン酸エステルのFPMシール
(9)無記号=黒亜鉛めっき
  B =ブルーパウダーコーティング

4WMM10バルブの技術情報

主原料:鋳造アイアン
パワー:油圧により、
ブランド:FinotekまたはOEM
マックス。 操作圧力(T):21Mpa
マックス。 運転圧力(P、A、B):31.5Mpa

マックス。 流量:120L /分。
メディア温度:+ 30に-80(°C)のためのNBR Oリング
油中:鉱物油DIN51 524、VDMA 24 568またはナタネ油、粘度10あたりとして - 400 CST
推奨ミディアムろ過:ISO 4406標準、清浄度クラス:20 / 18 / 15

4WMM10バルブスプール記号

マニュアル指向性-バルブ-4WMM10-Sombols

4WMM10バルブの取付寸法

マニュアル指向性-バルブ-4WMM10-寸法