安全弁は時々、弁はしばしば保護のための油圧ポンプの前方に設置され、正常なレベルの油圧を保持しているように、圧力リリーフバルブは、油圧に搭載する前に、したがって、圧力逃がし弁の品質を確認するために重要である、と呼ばれていますシステム。 - finotek.com

プレッシャーリリーフバルブテストの手順:

圧力弁テストシンボル

(1-1)油圧ポンプ; (2)圧力リリーフバルブ; (3-1、3-2)圧力計; (4)テストされた圧力リリーフバルブ; (5)流量計; (6)フロースロットルバルブ; (7)ソレノイド方向制御弁; (8)電気油圧式方向制御弁; (9)温度計; (10)2方向フローコントロールバルブ; (11-1、11-2)ファインフィルター

1。 圧力抵抗試験 –毎秒2%の速度で、テスト済みの各オイルポートに加圧します 圧力逃し弁 最高使用圧力の1.5時間で、その後5分の圧力を保持しています。

2.圧力範囲と安定性テスト - 調整するには リリーフ弁の圧力 (部品番号:2)テストされた圧力リリーフバルブ(部品番号:115)の最大調整可能圧力より4%高く、油圧システムの圧力がテスト圧力と等しいことを確認してから、次のテスト条件をテストします。
(a)テスト済みのハンドホイールを回転させた 圧力逃し弁 (部品番号:4)手で完全に緩い状態からきつい状態まで、次に圧力計(部品番号:3-1)で圧力調整範囲の状態を観察すると、XNUMX回以上です。
(b)テストしたリリーフバルブ(部品番号:4)を最大圧力限界に調整し、圧力計(部品番号:3-1)でXNUMX分間の圧力振れ値を測定します。
(c)テストしたリリーフバルブ(部品番号:4)を最大圧力限界に調整し、圧力計(部品番号:3-1)でXNUMX分間の圧力オフセット値を測定します。

3。 内部リークテスト - 試験した各規制 圧力逃し弁 (部品番号:4)、および 圧力逃し弁 (品番:2)システム圧力が試験弁(部品番号:4)に圧力を確認し、テストしたバルブ(品番:4)の最大調整可能な制限された圧力値に達するまでは、テストに必要な流量を等しくなりません。 、テストしたバルブ(品番:2)の最大調整可能な圧力値の%を75する油圧システムの圧力を下げるために圧力逃がし弁(部品番号:4)を調節する試験弁のリリーフポートで内部漏れをチェックする(部品なし。:4秒後30)。

4。 圧力アンロードテスト –テストされた圧力リリーフバルブ(部品番号:4)を通る流量がテスト流量である場合、方向制御バルブ(部品番号:7)を切り替えます。 試験したバルブ(部品番号:4)の入口ポートと出口ポートの両方の圧力を圧力計(部品番号:3-1、3-2)で測定します。 差圧は除荷圧力です。 (テストは、モジュラースタイルを含む外部パイロット操作圧力リリーフバルブのみを対象としています。)

試験された圧力リリーフバルブ(部品番号:4)の流量が試験流量と等しくなると、圧力リリーフバルブのソレノイド(部品番号:4)に通電され、非励磁されます。 

入口ポートと圧力計(品番:4-3、1-3)を有する試験弁(部品番号:2)の出口ポートとの間の圧力値を読み出します。 差圧はテストだけのためである(圧力をアンロードされて働きました ソレノイド作動圧力リリーフバルブ、モジュラースタイルを含みます。)。

5.圧力損失テスト– テストされた圧力リリーフバルブ(部品番号:4)のハンドホイールを緩い状態に回し、テストされたバルブ(部品番号:4)を通る流量がテスト流量と等しいことを確認します。 試験した圧力リリーフバルブ(部品番号:4)の入口と出口の圧力を圧力計(部品番号:3-1、3-2)で測定するために、圧力差は操作圧力損失です。 

6.圧力定常および流れ特性 - 調整するには 圧力逃し弁 システム圧力まで(品番:2)を試験し、バルブ最大圧力調整範囲の115の%に等しいです。 テストしたバルブ(品番:4)を通る流量は、流体の流量を必要としていることを確認、彼らは以下の条件に従ってバルブをテストすること、その最大圧力範囲にテストした調整弁:

A。 すぐにシステム圧力が圧力閉鎖でその閉鎖圧力を下げるように試験圧力逃がし弁(部品番号:2)流れ救済率を測定し、圧力逃がし弁(部品番号:4)を調節することにより、徐々にシステム圧力を下げるにはレート。

B。 無リリーフ状態から圧力逃がし弁(部品番号:2)を回し始めて。 圧力が試験の軽減率を測定するために、比較的試験圧力逃がし弁(部品番号:4)の圧力開放速度で開放圧力になるまで徐々にシステム圧力を増加させます 油圧逃がしバルブ (部品番号:4)。

7。 信頼性の高いレスポンステスト - 調整するには 圧力逃し弁 (部分も番号:2)システム圧力は、試験圧力逃がし弁を経てテストしたバルブ(品番:115)最大圧力調整範囲(のみ安全圧力弁用)、および流量の4%を上限値(部品なしに等しくなるまで。:4)は、試験圧力に等しいです。 そして、消勢する、その最大圧力範囲までテストバルブ4を調整し、圧力計(品番:3-1)、試験と劣らず3以上によってテストされ、弁のアンロードとロード圧力を観察し、ソレノイドを通電回(このテストは、唯一のソレノイド制御型の圧力逃がし弁のためです)。

8。 漏れ試験 -  A。 背圧リークテスト:調整するには スロットルバルブ (部品番号:6)、テストしたのリリーフポートで0.5MPaの背圧を保持します 圧力逃し弁 (品番:4)は、オンまたはオフにし、約3分オフからオンに試験弁の調整ハンドホイールを回していない、何のオイルはしばらくの紙の上にありません。

B。 動的シールテストは:テスト処理にしながらテストした圧力逃がし弁(部品番号:4)の調整ハンドホイールとソレノイドコイルの下に白のページをスタックし、白い紙には油滴はありません。
C.静的シール試験:試験後、固定シールの位置で、油の痕跡があってはならないと吸収性の紙を貼り付けます。